連続式クリーン加熱・硬化・乾燥・焼成炉専門メーカー
 本装置は精密な温度制御の状態においてH2(15%) + N2(85%)ガス中で金属フープ材料を焼鈍する事を目的として使用されます。








・金属フープ材料の焼鈍
基本仕様
装置名 管状型焼鈍炉(急冷炉付)
型式名 BMA-405
外観寸法(正面=投入側) W1230×H1550×D11000
温度条件 焼鈍炉:600℃~850℃ 温度精度±5℃
急冷炉:600℃~800℃ 温度精度±5℃
発熱体 / 回路数 焼鈍炉:カンタルAF / 5回路
急冷炉:カンタルAF / 5回路
使用雰囲気 H2ガス(15%) + N2ガス(85%)
クリーン度 / 酸素濃度 N/A
炉体構造 炉心管:SUS-310S
設備容量 ・焼鈍炉
  H2   : 3~max30ℓ/min
  N2   : 6~max70ℓ/min
  電気 : 3相200V 50Hz 54KVA
・急冷炉
  H2   : 3~max30ℓ/min
  N2   : 6~max70ℓ/min
  電気 : 3相200V 50Hz 39KVA
■ お問い合わせはこちら